介護事務の資格を取ろう

介護事務が一般事務と異なる点は、介護報酬請求を行うことです。資格を有していると就職の際や待遇面で優遇されます。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務について〜一般事務との違い

介護事務とは、たとえば高齢者が入居している施設であったり通所系のサービスセンターなどで勤める事務仕事のことを言います。そういった仕事場で、一般的な事務のような電話応対であったり書類整理などを行うのは勿論のことですが、介護事務には、そうした一般事務業務とは異なる業務があり、それが介護報酬請求業務になります。これには、介護保険の制度が深く関係しています。

現在40歳以上の方で医療保険に加入されている方は、介護保険への加入が義務付けられています。それにより、支援や介護が必要となった際には、費用の原則1割負担で様々な介護サービスを受けることができます。残りの9割は、国や地方自治体が負担してくれるのが、この介護保険制度の基本です。これを、その介護サービスを提供する施設などの側から見ると、サービス利用者である被保険者負担額と、国や地方自治体が負担してくれる額についての計算を行わなくてはならず、更に国や地方自治体に対しては、その費用の請求を行わなけばならないと言うことになります。この業務こそが、介護事務の主たる業務であり、一般的な事務とは非常に異なる業務です。介護報酬ですから、この請求をきちんと行わなければ、施設などは無報酬になってしまいます。ですから、介護事務が担っているこの業務は、非常に重要なものです。

国や地方自体に対しての請求は、介護報酬の請求書を作成することで行われます。請求に関しては介護制度や、サービスの種類、その回数などによる料金の違いなども覚えておくに越したことはありませんが、現在ではパソコンにデータを入力すれば、難しい計算は自動的に行ってくれる場合がほとんどです。介護事務には、民間の団体が行っている試験に合格することで取得できる資格があります。それを取得していた方が、就職の際などには有利に働きますし、待遇面で優遇されることも多いようです。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.