介護事務の資格を取ろう

年齢に関係なく長期に渡って働けるのが事務職です。介護事務を希望する場合は、レセプトの資格を取得しておくと良い

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務で就職するには、レセプトの資格を取得しておこう。

介護関係の職業に付きたい場合は、ヘルパーの資格を取得しますが、介護のサポート以外にも介護事務の仕事があります。主にレセプトの作成が中心ですが、レセプト以外にも受付対応・電話で予約を受ける・ヘルパーとして働いてる人達のシフト管理等、事務仕事も様々です。事務職の良いところは「年齢に関係なく長期に渡って仕事を続けられる・子育てで社会から離れていても復職しやすい」等、様々な理由があります。その為でしょうか、主婦を始め大勢の女性に人気なのが介護事務です。

中には、介護事務をしながらヘルパーとして働いてる男性の姿も多く見掛けます。昔に比べ今は男女関係なく事務仕事をする時代になってきました。介護事務の勤務スタイルは、基本月曜日〜金曜日までの日勤が多いです。事務関係の仕事が片付けば、仕事は終わりなので残業は少ない方です。では実際に仕事するにあたり、レセプトの知識が必要となりますが、どのようにしたら良いでしょうか。簡単に調べてみました。

レセプトとは、別名「診療報酬明細書」とも言います。業界用語の為初めて耳にする人も居ると思います。難しく聞こえますが、よは患者さんに医療費の請求書を作成する用紙だと思って下さい。介護事務で働くには、最低限必要とされている資格なので取得しておいても良いかも知れませんね。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.