介護事務の資格を取ろう

未経験でも資格取得が狙える介護事務。高齢化が進み今後増えるとされる介護事業には欠かせないスキルです。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務は将来有望な資格?

介護事務は介護業界をデスクワークでサポートする重要な仕事です。高齢化が進み介護事業が増える中で時代が求める注目のスキルと言えるでしょう。介護事務の業務内容は大きく2つあります。一つは「介護報酬請求業務」。これは請求に誤りがあると介護報酬が正しく支払われないため、施設の経営にかかわる重要な仕事です。二つ目は「ケアマネージャのサポート」。これは介護サービスの利用が増える中でケアマネージャーが多忙を極める中、その支えとなる専門スタッフとして欠かせない存在です。

このように超高齢化社会にあって、介護サービスの利用者も年々増加する中、今後ますますニーズが増える注目の仕事と言えるでしょう。実務はデスクワークが中心のため体力的な負担が少なく、長く安定して働けるのもこの仕事の魅力となっています。また、介護保険の知識が身につくので家族や自分自身のイザというときも安心です。仕事やそれ以外でも生涯に役立つ学んで損はないスキルかもしれません。

資格取得には「介護事務管理士技能認定試験」に合格することです。試験は毎年6回行われています。試験内容は学科試験と実務試験(レセプト作成・レセプト点検)です。資格の通信講座では知識が全くない人向けにカリキュラムが組んでいる講座もあるのでチェックしてみるといいでしょう。

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.