介護事務の資格を取ろう

介護事務の役割は主に支払・請求である。忙しい介護施設の現場では、ヘルパーが動けないため重宝される。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務の基礎知識について

世の中には様々な事務仕事と呼ばれるものが存在するのはみなさんご存知でしょう。世間的には、どれも同じだと思われがちですが実際はそれぞれの種類によって要求されてくる技術や姿勢が違ってきます。そこで、本日はその数多くの事務仕事の一つ、介護事務について説明させていただきます。

まず、この言葉自体は聞きなれない言葉でしょうが、大体言葉の構成でどういう職なのか見当はつくでしょう。読んで字の通り、介護職の事務仕事の事です。では、具体的にはどのようなことをするのでしょうか?仕事場は介護施設であることが多く、もちろん事務なのでデスクワークです。そして、役割は主に支払・請求です。まず本題に入る前に、多くの介護施設の運営システムについて話しましょう。当然施設に入るにはサービス料を支払わなければいけなく、その金額は一部保険によって賄われます。主に、保険からは9割支払われ、一割自費といった形が主流です。そして、それらの支払・請求を行うのが一般的な介護事務の仕事であると言われています。しかし、これは介護保険に入ってる場合なので、もちろん異なるケースは存在するので、それも頭に入れておいた方がいいでしょう。介護施設の現場は、予想以上に忙しいとされ、ヘルパーさん等がこのような技術を取得する暇も、仕事をする時間も無く、忙しい施設には大変重宝する職とされています。

以上、介護事務についての基礎知識でした。ヘルパーさん達を支える重要な役割で、やりがいがあるので興味があるならば検討されることをお勧め致します。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.