介護事務の資格を取ろう

介護自体の需要が高まっていく時代ですが、これから介護事務の仕事はどのように変貌していくのでしょうか。

What's New
介護事務の資格を取ろう

需要高まる介護事務の仕事

高齢社会の加速に伴い、介護を必要とする方も急増している昨今ですが、介護の仕事をする人自体の需要がかなり高まっています。これからもどんどん高齢者は増えていくと言われておりますので、これからどのように変化していくかどうかは想像がつくでしょう。介護給付費というものがあり、2002年には5兆円の大台を突破、将来的には20兆円に達するものと目されており、各介護施設では、介護事務技能者の確保が重要課題となっているという現状があります。

どういった仕事なのかというと、介護事業の運営に不可欠なデスクワーク、「介護報酬請求業務」を中心に行う仕事となっています。介護保険では、サービス費用の1割は利用者が、残りの9割を保険者が負担しているという仕組みになっていますが、こうした支払い請求を行うのが、介護報酬請求というお仕事です。お金にまつわる仕事ですので、間違いのないよう丁寧に仕事をしていくことが求められています。これから介護施設も増えることが間違いないと思っていますし、それに伴ってきちんと事務を行える人を育てていくことが必要になってきます。よって、通信資格などでも勉強ができますので、これからの安定性、将来性を考えてこの仕事に取り組むこともいいのではないでしょうか。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.