介護事務の資格を取ろう

医療や介護系の事務職には医療事務、調剤事務、介護事務とあり、最も高度な知識をようするのが医療事務です。

What's New
介護事務の資格を取ろう

医療事務と調剤事務と介護事務の違い

現代は高齢化社会が急速に進み、それに対応する医療系や介護系の職業の人材が多く求められる時代です。そう言われてまず思い浮かぶのが医者や看護師、あるいは介護福祉士といった仕事です。しかし、この手の仕事で必要なのは、表で見える形で働く人たちだけではありません。そこには多くの裏方の人間が存在しているのです。その中のひとつに事務系の仕事があります。医療事務、調剤事務、介護事務といった仕事です。それらがどのような仕事なのか具体的に説明していきましょう。

医療事務は主に病院に勤務し、患者の受付や対応、カルテの管理、診察費の会計などを行います。事務職といえども高度な専門知識が必要で未経験者が簡単に就ける仕事ではありません。調剤事務は、診察は病院で受けて薬は調剤薬局で調合してもらうという医薬分業が進んだ結果生まれた職業です。基本の仕事は薬剤師のサポートなので薬の知識は必要不可欠です。介護事務は介護施設で介護サービスに生じたお金を計算するのが主な仕事です。この中でもっとも高度な知識を要するのが医療事務でこの仕事を極めれば他の2つの仕事に応用を利かせることは十分可能です。そういう意味では医療事務は調剤事務と介護事務のベースとなる仕事と言えないこともありません。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.