介護事務の資格を取ろう

福祉介護の分野でも人気の職業なのが介護事務ですが、高い専門知識を必要とするので資格修得が採用の鍵となります。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務の仕事と就職するために必要なこと

高齢化社会が深刻化する中で福祉介護の仕事はますますその重要性を高めています。しかし、その仕事内容は負担が多いという印象が強く、慢性的な人手不足に悩まされているのが実情です。とは言え、そんな福祉介護に関する仕事の中にも人気の職業は存在します。その中のひとつが介護事務です。

介護事務は、介護サービスで生じた介護保険制度上の国や自治体の負担額を計算し、その金額を請求する介護報酬請求業務が主な仕事です。もちろん通常の事務職のように利用者への金額の請求や領収書の作成、電話の応対なども行います。また介護スタッフの勤怠管理や給与計算も大切な仕事だと言えるでしょう。この仕事は働く時間を選ぶことができ、年齢に関係なく働け、結婚や出産で休職した場合も復職しやすいなどの理由から女性に人気の職業なのです。しかし、前述した介護報酬請求業務はシステムが複雑で専門的な知識が必要です。

そのため、この職業に就くためには資格の習得が大きな鍵になってきます。資格取得には通信講座や専用スクールに通うのが近道でしょう。講座選びのポイントは合格率が高いことと、カリキュラムの充実度、そして講座料が適正かということです。まずは資料を集めて比較する所から始めるのがよいでしょう。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.