介護事務の資格を取ろう

介護給付費単位数に応じて介護費用を計算したりするなど、介護事務の仕事内容について具体的な説明をした文章です。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務の仕事内容とはどのようなものか。

介護事務とはどのような仕事かご存じでしょうか。医療事務や調剤薬局事務と同じように、介護に関する事務作業の仕事です。一見難しく感じるかもしれませんが、通信教育でも資格を取得でき、また需要の高まりも期待できる、これからお薦めの仕事です。

まず具体的な仕事内容をご説明します。介護施設等で介護サービスを行った場合、その内容や時間に応じて、国が定めた介護給付費単位数というものから、費用を計算します。現在の制度では国や自治体が9割、利用者が1割を負担することになっているので、それぞれの負担額を計算し、介護報酬の請求書を作成して国に負担額を請求します。この計算は少し複雑なもので、基準となる単位の他に、いくつかの加算があります。またその金額や内容は地域によって異なるので、それも踏まえて間違えなく計算する必要があります。そして同じように負担額を利用者にも請求します。これが主な仕事ですが、その他に利用者の受付や窓口業務、電話応対といった普通の事務作業もあります。

介護事務の資格はありますが、資格を取得していなくても仕事に就くことができます。ただ、先ほどご説明した通り、複雑な計算も必要な仕事なので、資格を持っていると理解しやすく働きやすいというメリットはあります。通信教育でも取得できる資格なので、今別の仕事に就いている方でも興味があれば、手軽に勉強を始めることができます。高齢化社会と言われている昨今では、介護業界の仕事の需要がとても高まっていますよね。これを機会に介護事務という仕事に興味を持ってみてはいかがでしょうか。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.