介護事務の資格を取ろう

介護事務は年齢に関係なく働け、復職もしやすい人気のある仕事です。専門知識が必要ですので、学習の必要があります。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務という仕事とは

介護事務とは主に介護に関する事務全般を扱う仕事です。一般の事務職とは大きく仕事内容が異なってきます。まず、主に行われている仕事は介護報酬請求業務になります。現在、介護保険制度では、国や自治体などが費用の9割を負担し、利用者が残りの1割を負担するという仕組みになっています。実際に介護サービスが行われた場合、介護保険法に基づいて国や自治体と利用者側の負担額を計算し、介護報酬の請求書を作成、国に請求を起こします。介護報酬の金額や内容は地域によって異なってき、介護サービスの種類や利用回数によっても金額が変わってきます。制度自体をしっかりと理解し、正確に請求業務を行う必要があります。

また、ヘルパーの勤怠の管理業務、給与の計算、連絡や段取りの調整などのスタッフ管理や、利用者に対する介護計画の作成といった、責任者であるケアマネージャーの仕事をサポートして行くことも重要な仕事になります。そして、介護用品や備品などの保管や管理、発注などの業務や、国や自治体、関係のある事業者や医療機関などとの連絡や調整、書類関係の取りまとめなど、庶務作業も重要な仕事になります。介護事務のお仕事は、仕事内容が多岐に渡っており、専門的な知識を学習、習得することが必要です。

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.