介護事務の資格を取ろう

介護事務では、介護事業を運営するためには必要不可欠とされています。また、身に付けたスキルは一生モノとなります。

What's New
介護事務の資格を取ろう

介護事務は、講座受講してスキルを磨けます

介護事務とは、介護事業の運営に不可欠とされるレセプト(介護報酬請求業務)を主として、事務作業全般を行うことをいいます。仕事はデスクワークが中心となっており、体力的な負担は少ないとされており、長期で働く人にとってはメリットの有る仕事とされています。介護の事務についてですが、基本的にはオフィスワークとあまり変わりません。請求業務を中心としており、裏方的な役割を果たしてくれます。

介護事務は、講座を受講することで資格取得ができます。介護事務ですが、費用は三万円以下とされているそうです。また、受講資格等は不問とされています。福祉系の国家資格は実務経験や専門学校等を卒業していることが必須条件となっています。ですが、この介護事務については誰でも受講可能となっており、介護業界での実務経験が無い人でも受講をすることができることになっています。なお、受講受付は各種専門学校でされており、医療事務と併せたプランが在るそうです。医療事務と併せた場合は、相場は、約十万円位となっているそうです。

介護事務の講座を終えた人は、介護事業者等で就職をすることになります。就労者の多くは女性となっており、育児及び家事と両立させたいという主婦の方が活躍をされているそうです。また、パートタイムで働くことが可能とされており、時給ですが900円位となっていますが、介護事業所で事務職として活躍することができるのであれば納得の時給額とされています。

注目情報

Copyright (C)2017介護事務の資格を取ろう.All rights reserved.